おなかのなかのこびと

未分類

生野区から親子の絆つくりのために「おあなかのこびと」という絵本を、4歳児在園児にプレゼントされました。いただいた絵本を、子ども達が大切にしようと思ってもらうためには、渡すだけではと、職員と考え、先生が絵本のお話しを演じてみました。
それから、園長先生に、この絵本の読み聞かせをしてもらい、子ども達一人一人に園長先生から手渡しをして受け取ってもらいました。
子ども達、楽しんでくれたでしょうか?絵本、お家の方に読んでもらっているでしょうか?
絵本を通して、親子が触れ合い、同じ絵とお話しで共感し合う、わずかな時間でも、親子の愛着がより強まってくれたらと願います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました